FAQ

SLPRO Xはどんなブログエディタ?旧するぷろとの違いは?

ちょっと長くなりますが聞いて下さい(笑)

旧するぷろは、PC時代のUIでした。HTMLをスマホで入力するというのはかなりしんどい作業です。そしてHTMLがどう表示されるかプレビューをいちいち確認しにいくことも大変でした。

SLPRO Xはスマホ時代のUIを目指して開発しました。

スマホ時代のブログエディタのUIとは何か?

辿り着いた答えはビジュアルエディタです。ビジュアルエディタを使えばHTMLを書いたり、プレビューを見る必要はほとんど無くなります。そして、見たままの文章を見たままに投稿できます。一気にスマホで書くストレスが無くなるなと思いました。

しかし、ビジュアルエディタには弱点がありました。

それは以下の2つ。

まず1つめ。それは、ビジュアルエディタは、DIVやSCRIPTが絡んだ複雑なHTML編集に向いていないということです。元々HTMLが書けない仕様なので当然といえば当然ですが、これではちょっと使い物になりません。

そこで、複雑なHTMLは生で表示することにしました。

つまりビジュアルエディタとテキストエディタの融合です。

こうすることで、DIVなどが絡む複雑なHTMLも編集しやすくなりました。

2つめは、ビジュアルエディタで書かれた記事はHTMLが汚くなることでした。つまりビジュアルエディタで書いたものは、SEO的に弱い記事になってしまうわけです。

これは個人的に大きな問題でした。

そこでHTMLクリーニング機能を付けることにしました。ビジュアルエディタで書いたHTMLをSEOに優しいカタチにクリーニングするわけです。

この2つの策によって、納得できるハイブリッド・ビジュアルエディタにできました。

SLPRO Xと旧するぷろの違いとは何か?

それはSLPRO Xのハイブリッド・ビジュアルエディタがもたらす圧倒的な書き味の違いです。

こまごまとHTMLを入力する必要はありません。プレビューに何度も行き来する必要もありません。

もう、頭に血を上らせて書く必要はなくなりました。

二段階上の書き味をあなたに。

ロリポップやヘテムルサーバで投稿した際、ProxyErrorが出る。

ロリポップやヘテムルのWAFが、SLPRO Xからのアクセスを拒否していると思われます。

WAFについては、他サイトですが以下のページが詳しいです。

お繋ぎのIPアドレスがこれに引っかかったことで接続できなかったと思われます。

上のページを参考に対策してみてください。(4G回線にすることで投稿できることもあります。いつも使っているWi-Fiの回線を使うことで、このエラーが頻発する場合は、ロリポップやヘテムルにお問い合わせください。)

ちなみに、WAFの設定をオフにすることは著しくセキュリティが落ちることを意味します。

設定変更などによる、いかなる損失、損害に関して、当方は一切責任を負いませんので、自己責任の下慎重に設定してください。

エンドポイントとは?

SLPRO XがWordPressやMovable Typeと通信するためのURLです。

WordPressの場合、自分で設定を変更していない場合、「ブログのURL/xmlrpc.php」(例: http://hogehoge.com/xmlrpc.php)となります。

自分で変更してしまっている場合は、WordPressをインストールしているディレクトリ内で、xmlrpc.phpの場所を自分で探し出し、そのURLを入力してください。

Movable Typeの場合は、自分で変更していない場合、「ブログのURL/mt/mt-xmlrpc.cgi」(例: http://hogehoge.com/mt/mt-xmlrpc.cgi)となります。

Movable Typeエンドポイントの詳細は外部サイトですが、以下の記事を参考にしてください。

Movable Typeのウェブサービスパスワードって何?

SLPRO Xなどの外部アプリがMovable Typeと通信するために必要なパスワードを指します。

ウェブサービスパスワードは、Movable Typeのユーザー情報から取得・変更できます。(システム>ユーザー>一覧>自分>設定から)

詳細は以下のページを参考にしてください。

ログインできない。

過去のバージョンで、エンドポイントの取得ボタンに不具合があったのを確認しています。

ログインできない場合、設定>編集ボタン>自分のブログ>エンドポイントに行って、エンドポイントがoptional(http://hogehoge.com/xmlrpc.php)のようになっていないか確認してください。

この場合、optional()の部分を削除して、http://hogehoge.com/xmlrpc.phpのようにURLのみになるよう修正してください。

v1.5以降のバージョンでは、ボタンの不具合は解消されています。

BlogIDが取得できない方は、ここを参考にしてください。

WordPress.comだけど、うまく動作しません。

エンドポイントが間違っていないか再度確認してみてください。

WordPress.comのエンドポイントは、https://xxxxx.wordpress.com/xmlrpc.phpのような形になります。(xxxxxはあなたのアカウント名。)

また、もしエンドポイントがhttp://で始まっていたら、それをhttps://に修正して再度試してみてください。

設定は一切間違っていないが、通信できない。

お使いのレンタルサーバの海外IPアドレス制限などのセキュリティオプションに引っかかっている可能性があります。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの正規キャリアの4G通信に切り替えて再度試してみてください。それで繋がる場合、お使いの回線に問題があります。

お使いのレンタルサーバーにお問い合わせいただき、お使いのIPアドレスで接続できるように対応してもらってください。

※レンタルサーバによっては、海外IPアドレス制限を解除することは出来ますが、セキュリティが著しく落ちるので一切お勧めできません。また切ったとしても、それでデータが損失したり、何らかの損害を受けたとしても一切責任を負いません。(SLPRO Xを使ったこと、使おうとしたことで、何らかの損失・損害を受けても一切責任を負いません。)

WordPressで、過去記事が読み込めない。

テーマやプラグインにエラーがある場合、記事を読み込めないことを確認しています。一度テーマやプラグインをデフォルトの状態にしてから再度読み込みしてみてください。それで読み込めた場合、テーマやプラグインに原因があります。

テーマに原因がある場合、サイト外のページですが、この記事を参考に修正してみてください。

SLPRO Xはどのブログサービスに対応している?

WordPressとMovable Typeに対応しています。

それ以外のブログサービスには一切対応していないのでご注意ください。

タイトル、本文、続きはどこで指定できる?

SLPRO Xのエディタ画面の、1本目の点線までがタイトルになります。2本目の点線までが本文、3本目の点線までが続きとなります。

さらに詳細

各ボタンの意味は?

このページにて、解説していますので是非参考にしてください。

SLPRO Xは生のHTMLを貼り付けられる?

可能です。生のHTMLを貼り付ける場合は、画面を長押しして「HTML貼付」をタップして、貼り付けたいHTMLを書き込み、反映をタップし、貼り付けたい箇所にカーソルを移動して、PASTEボタンをタップすると貼り付けできます。

※ 改行が入った生HTMLは貼り付けることはできません。

[html=""]というタグが表示されるがこれはどういう意味?

これは生のHTMLを表示させるためのタグです。

DIV、SCRIPTなどが絡んだ複雑なHTMLを編集する場合にこれが表示されます。

これが囲われたHTMLはエディタから直接編集できます。

なぜこういう仕様にしたかと言いますと、ビジュアルエディタは複雑なHTMLを編集するには向いていないからです。

SLPRO Xは、ビジュアルエディタのいいところと、テキストエディタのいいところを合わせたエディタです。

画像や文章はビジュアルエディタで編集した方が楽ですし、divやscriptといった複雑なHTMLはテキストエディタの方が編集しやすいです。よってこういう仕様となりました。

※ 改行が入った生HTMLは貼り付けることはできません。

SLPRO Xの改行の仕様は?

SLPRO Xは、「改行を反映」で投稿します。よって、文章と文章の間に改行を入れる場合は、以下のように入力してください。

こんにちは。山田泰二です。アストロズで投手を務めています。背番号18です。

こんにちは。おれは山田太一です。アストロズで遊撃手兼投手を務めています。背番号96です。

こんにちは。おれは八木沼純です。アストロズで三塁手を務めています。元4番です。山田太一に4番打者をとられました。背番号は1です。

編集する際に出るアラートの意味は?

SLPRO Xは、一旦WYSIWYGエディタで編集するため、WYSIWYG以外で編集された記事をSLPRO Xで投稿するとオリジナルのHTMLから変わる可能性があります。

ただもちろん、SLPRO Xで書いた記事は、SLPRO Xで投稿しなおしてもオリジナルを保って保存できます。

SLPRO XのURLスキームは?

slpro-x://となります。

ちなみに、文字列を送る場合、slpro-x://?q=[文字列]となります。([]は要りません。)

お問い合わせ先は?

ここからお問い合わせできますが、まず、TutorialFAQをよくお読みいただいてから、お問い合わせください。

またお問い合わせの際は、具体的な状況の説明をよろしくお願いいたします。

どの画面で、どんな操作をして、どんな状態になるのかを詳しくご説明ください。詳しい状況を把握できないと、せっかくお問い合わせいただいても対応できませんので、ご協力をよろしくお願いいたします。

※最新版じゃない場合、不具合の対応はできません。お問い合わせする前に最新版にして試してからお問い合わせください。